標準在庫の部品を更新 線材、プラグなど

標準在庫の部品を更新しました。
それぞれの部品代は一覧ページに記載しています。

今回追加・更新したものは

線材では

c_oyaide_PCOCC3 c_oyaide_OCC

オヤイデ PCOCC-A 22AWGとPureOCC 0.1sq です。
PCOCCの音が好きだった方、まだまだ手に入れる方法は有ります。
またPureOCCもPCOCCと同じ製法で製造されていますので音の傾向は似ています。

特にPureOCCは銅の色が見えていますので、銀とのツイストで綺麗なケーブルができそうで

P1120624

とりあえず6芯(片チャンネルあたり銀2芯+銅1芯)でツイストしてみました。外装は透明収縮チューブ(スミチューブC)仕上げです。スミチューブVより少し曇っていますがとても柔らかく使いやすそうです。まだ聴きはじめですが、銀の解像度の高さと銅の懐の広さが同居しており瑞々しい音で、聴き疲れしにくそうです。

3.5mmプラグでは

aPlug_353_3 aPlug_354_2
3極プラグはオヤイデP-3.5PPを少量在庫しました。またPailiccs段付きカーボンは段無しになり復活(シルバーのみ)、Pailiccs段付き細身で青・赤・カーボンが新規入荷しました。
4極プラグはこちらもPailiccsの細身カーボンボディを入れてみました。段付きL型はボディ色が黒塗装仕上げになりました。

ヘッドホン側プラグでは

pPlug_JBL pPlug_shure_1840

まずオーバーヘッド・ヘッドホン用として、JBLのJ55とJ88に使用可能な専用プラグ、こちらはPioneer HDJ-1500に流用可能な事を確認しています。またSHURE SRH1840(1540,1440)の専用プラグも少量在庫しました。MMCXプラグ軸の品質は、E4UA在庫のMMCXプラグの方が上だと思いますが、パテ形成などせず専用設計のプラグは最初からぱちっと嵌ります。

pPlug_ciem_2 pPlug_mmcxtype

インイヤー・ヘッドホン用として、CIEM用2ピンプラグでボディがシルバーのものと、危険なMMCXプラグを入れてみました。
CIEM用2ピンプラグは今ではオヤイデのものが品質も良くお薦めできますが、赤と黒のラインがどうも好きになれない方にはこちらのプラグも良いと思います。また危険なMMCXプラグは嵌合が確実すぎて抜けない可能性(ヘッドホンを破壊する可能性)が有る為、基本的にはお薦めできないプラグです。くりくり回転してしまうのがイヤな方、取り外しを考えていない方には使っていただけそうです。

pPlug_Wes_M_body

小さなパーツですが、WESTONEのMMCXモデル用のプラグボディのみも入れてみました。
E4UAに在庫する高品質なMMCXプラグ軸とこのボディを組み合わせる事で、確実に嵌って使いやすいケーブルを製作する事ができます。

以上、よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加