B&W P7用ケーブル Belden1804A(core) 110cm ネイビー1

P1110503 P1110506

B&W P7用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

B&WのヘッドホンもP5で大流行し、今ではP3、P5/S2、P7と3機種、ワイヤレスも入れると4機種揃っています。P5用ケーブルは別な方より以前製作のご依頼をいただきましたが、これを見られてP7用ケーブル製作もできないかと、今回ご依頼をいただいたものです。

普段聴かれる音楽は日本のロック、女性ボーカルのPops、トランスやハードコアテクノとの事で、どちらかというと電子音が多めに感じました。ですがこれら全てに合う線材は難しいです。女性ボーカルやロックには銅線が良いようにも思いますが、トランスやハードコアテクノには銀線や銀メッキ線も良さそうです。さらにはP7用ケーブルは外径が3㎜までしかケーブル溝に嵌りませんのでかなり選択肢が狭く、今回はBelden1804Aをお薦めさせていただきました。
極細編組チューブもかなりだぶつかせないと入りませんがなんとか入り、ヘッドホン側のケーブルブーツを作成した状態で外径3㎜になりました。編組チューブ色はネイビー1にされました。P7のアップグレードケーブルが濃い赤、こちらは濃い青で対極にあるような色をご選択いただきましたが、P7のアーバンデザインには濃い青も合うと思いますし、沈む色ですので洋服との合わせも問題にならないと思います。

ヘッドホン側プラグは2.5mm3極プラグ軸のみを使用しました。純正は4極ですがアップグレードケーブルが3極であることから3極でも問題無く使用できると考え、より細身での製作が可能な3極軸のみ・収縮チューブ仕上のプラグとしました。
ケーブルブーツはヘッドホン本体より十分にはみ出るように作成し、P7のキャリングケースにケーブルを巻かずにまとめて入れるような使い方でもケーブル根元は急峻には曲がらないように気を使って製作しています。これらの処理をするだけで、ケーブルの寿命を飛躍的に伸ばす事ができます。
殆どのメーカー製ケーブルにリッツ線が採用される中、E4UAで標準在庫とするリッツ線はオヤイデHPC-28-2Uのみでその他は普通の被覆線です。リッツ線は屈曲耐性がとても高く、またオーディオ用はアラミド繊維が混ぜられており耐久性も高いのですが、個人的には眠い音に分類される線材であまり好きではありません。またP7用ケーブルとしてはHPC-28-2Uは太すぎますので今回の選択からは外れています。

アンプ側プラグは当初よりロジウムメッキプラグをご希望でしたが、仕様をご検討いただいている内に、プラチナ+パラジウムメッキのP-3.5PPにされる事になりました。標準在庫としては置いていないものですので注文するのに手数料などかかってしまいますが、ロジウムより解像度が高いという噂のプラグはP7でどのような反応になるのか、楽しみです。

ご感想をいただきました。

先日届きましたP7用ケーブルを3,4日使用してみたので、感想をメールさせてもらおうかと思います。

まずはケーブルとしてもとても綺麗な仕上がりで、元々使っていたケーブルのPEC/P7の渋い赤の色に対して落ち着いた青のケーブルはとても気に入っております。
PEC/P7の少しやわらかすぎる感じと細く少々頼りないケーブルの取り回しも、作成していただいたケーブルは柔らかすぎもせず適度にしなやかで、ほんのすこし太くなったケーブルは逆に好感がもてました。

音に関しては、相談させていただいたロック、トランス、ハードコア・テクノ等のジャンルにピッタリの低音でした。
標準のケーブルでは低音が多すぎに感じ、かといってPEC/P7の低音は若干少なく、好みとはちょっと違う。。。そんな印象でしたがこのケーブルはPEC/P7と同じか多いくらいで、硬く締まったアタック感を感じられるところが気に入っています。

全体的には音の空間は少しせまくなったようにも感じられますが、元々空間は広く感じるヘッドフォンだったので他と比べてもまだ広く感じられました。
そして標準からPEC/P7に変えたときに高音も出るようになって、刺さりもなかったところが、さらにもう一歩踏み込んでほんとに刺さる手前のところで角がちょっと丸くなっているように感じました。
B&W P7にはケーブルがあまり選択肢がなく、PEC/P7もとくに悪いケーブルではないのですが今回作成していただいたケーブルが自分の好みにだいぶ近づいたので大変満足しております。

ケーブルの線材選定時から相談に乗っていただき、今回は惜しくもケーブルの硬さのため使用を見合わせた線材も取り寄せまでして、しっかりと線材の確認をしていただいたおかげで今回のケーブルにめぐりあえたことを感謝しております。

実はこのケーブル製作にあたり、Belden83265の芯線のみを使用したケーブル製作のご依頼をいただいていました。Belden83265は被覆・ジャケットともにテフロン系樹脂、芯線・シールドは全て銀メッキという、ヘッドホン用途としてはピーキーな線材です。芯線のみを抜き出して使用してもとても硬く、跳ねっ返りケーブルができてしまうことが確認できましたので、使いやすい方を取っていただきBelden1804Aでの製作になりました。
音質や仕上にも十分ご満足いただけましたようでなによりでした。

ありがとうございました。

B&W P7用ケーブル 110cm
線材:Belden1804A
外装:ナイロン編組チューブ ネイビー1
ヘッドホン側:2.5mm3極プラグ軸のみ
アンプ側:3.5mm3極 オヤイデ P-3.5PP
商品代 6772円 (価格は製作当時のものです)

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加