audio-technica ATH-IM03用 OPPO HA-2 GND分離接続ケーブル Mogami2526 120cm ブラック

P1110320 P1110321

audio-technica ATH-IM03用として、OPPO HA-2でGND分離接続が可能なケーブル製作のご依頼をいただきました。

ATH-IM03はaudio-technicaのインイヤーモニターシリーズの中でBAを3基搭載したモデルですね。音場が広く、また高解像度で爽快な音を聴かせてくれるヘッドホンだと思います。

今回のご依頼では、ケーブル仕様を全てお決めいただいた状態からお問い合わせをいただき、お見積りの作成、製作となりました。標準在庫の部品類を全て見ていただきましたようで、完全にお好みの仕様をお決めいただいていましたのでメールでのやりとりは比較的少なかったです。

線材はMogami2526を使用しています。NEGLEX OFCが使われた線材の中ではかなり細い部類でとてもとても柔らかく、また極細の素線が織りなす繊細な音は個人的にはBA型ヘッドホンを銅線で鳴らす場合には特に合うと思います。1芯同軸の線材ですのでステレオ使用ですと2本必要になりますが、同軸ならではのセパレーションの良さを感じていただけると思います。

BA型ヘッドホンは銀線や銀メッキ線でリケーブルしてやると、その空間表現の良さや中・高域の解像度の高さをさらに高みに乗せてやる事ができますが、銅線の柔らかく懐の広い音もまた、BA型ヘッドホンに合うと思います。Mogami2526はとても柔らかい線材でタッチノイズは出にくいのですが、若干断線しやすい線材です。同じ箇所を何度も曲げる用途には向きません。兄弟のMogami2520は芯線にアラミド繊維が織り込まれていますがMogami2526には有りません。編組チューブにより強度は上がっていますが、それでもやさしく使っていただくケーブルになります。

ヘッドホン側プラグはATH-IM系専用プラグを使用しました。E4UA標準の6cmのUEW製耳かけワイヤーを添えていますので、耳の形状に柔らかくフィットしとても使いやすいです。純正ケーブルなどで軟鉄製のワイヤーのものもありますが、音の通る道の横に磁性体は置くべきではありません。銅は磁性体ではありませんのでこの点では問題無く使っていただけます。UEWの被覆はウレタンですので、収縮チューブ内部で錆びたりする事も少なく、快適に使っていただけます。

アンプ側プラグはOPPO HA-2のGND分離接続に対応する為3.5mm4極でL型のPailiccs製です。軸の品質も良く、軸ズレなども有りません。4極でL型プラグの種類は少ないですので、このような製品はとても使い勝手が良いものです。

ご感想をいただきました。

元々空間表現が得意なIM03ですが、今回作成して頂いたバランスケーブルのおかげで開放型ヘッドホンに迫る音域の広さと音抜けの良さを得る事が出来ました。
セパレーションの良さがここまでイヤホンの印象を変えてしまうのかと正直驚いています。また、ケーブ自体も柔らかく、タッチノイズ対策も完璧でした。

Mogami2526の繊細な音は、ATH-IM03の爽快な音を銅線でさらに引き立てる事ができたようです。またGND分離接続によるチャンネルセパレーションの良さも、Mogami2526の性能と相まって開花させる事ができたのでしょう。
編組チューブ有りでもとても柔らかいケーブルでタッチノイズも殆ど出ないと思います。

ありがとうございました。

audio-technica ATH-IM03用ケーブル 120cm
分岐長30cm 耳かけワイヤー6cm スライダー有
線材:Mogami2526
外装:ナイロン編組チューブ ブラック(分岐部:極細、ストレート部:細)
ヘッドホン側:ATH-IM系専用プラグ
アンプ側:3.5mm4極L型 Pailiccs 段付きL型4極
商品代 12215円 (価格は製作当時のものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加