デタッチャブル化 beyerdynamic T1用ケーブル 4N純銀撚り線ツイスト 120cm ”009”

P1070348 P1070344

以前、beyerdynamic T1をCIEM用2ピンでデタッチャブル化するご依頼をいただいた方より、交換用ケーブル製作のご依頼をいただきました。

T1デタッチャブル化の時はMogami2799で専用ケーブルを製作し同時に納品したのですが、もう少し低域を締めて高域を伸ばせたら・・とのご要望をいただき、銀線をお薦めさせていただきました。4N純銀撚り線はツイスト&ツイスト処理をし、その上から高透明収縮チューブ仕上としています。ヘッドホンですのでタッチノイズはあまり響きませんが、十分軽量に仕上がっていますのでタッチノイズは殆ど鳴らないぐらいだと思います。

ヘッドホン側プラグはCIEM用0.78㎜2ピンプラグを、ほんの少しケーブルブーツを作成してワイヤ無しで取り付けています。少し分岐長は短いですが勿論他のCIEMでもお使いいただけます。極性はプラグが埋まりこみタイプの為、溝を外側にしていただくと正しく接続できるようになっています。T1デタッチャブル化の際には埋まりこみタイプの2ピンジャックを使用しましたので、ヘッドホン用としても強度的に問題無いレベルになっています。

アンプ側プラグは3.5㎜3極でFurutech FT-735SM(R)を使用しました。厚いロジウムメッキが成されており、またこのロジウムメッキの他にも色々な高音質化技術が投入されたプラグです。プラグボディはステンレススチールの削り出しで大変重く、制振効果が期待できます

ヘッドホン側プラグからアンプ側プラグまで殆どの場所に色が無いプラグですが、銘板とシリアルナンバーをアンプ側プラグに搭載させていただきました。唯一ここのみに銅の色が見えています。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加